読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「常に初陣」

スポーツ・ニュースネタ(主に馬鹿ニュース中心w)や動画などの備忘録ブログです。ぼやき漫談風な記事が中心です(汗)

すごいなあ、昨日の巨人の年俸圧縮総額=首位打者の坂本選手の年俸額とは(爆)

時事 スポーツ

Japan ikimashyo!

V逸巨人 1日で3億5000万円超圧縮…10選手中7人ダウン ― スポニチ Sponichi Annex 野球

ま、明らかにもらい過ぎの選手の分を「圧縮」させたとはいえ。

巨人の契約更改にも冬将軍到来――。10選手が契約更改を行い、昇給は坂本のみで、7選手が減俸。この日の減額総額は3億5000万円を超えた。

 チームトップの年俸4億円から減額制限を超える50%、2億円減の年俸2億円となったのは内海だ。

 「言われた金額で仕方ないと思っていた。申し訳ない気持ちが強かった」。今季は開幕2軍。5月から1軍合流し9勝6敗、防御率3・94。来季はトレード加入した吉川光、股関節手術から復帰を目指す杉内、今季10勝の田口ら左腕の先発争いは激しい。「プロ入りしてから一番(厳しい競争)。持っている全てで勝負したい」と悲壮感を漂わせる。

 内海に加え、大竹寛、片岡が30%減、亀井が29%減と計4選手が減額制限を超えた。91試合出場に終わった阿部は3億2600万円から20%減の2億6000万円。「出遅れて50試合くらい出れなかった」。自身最高額だった14年6億円から3年連続ダウンで半額を割った。2000安打にあと83安打で「一番近い目標。まずはそこを目指して。個人成績を上げればチームも勝つ」。リーグ2位ながら全体的に厳しい評価となっていた。

 ま、元々高年俸だから「え、そんなに?」感がないのがまだましなんですけどね。適正価格というか、それほど年俸が高くない選手がその分上がれれば。

これが「4番から外された程度で不貞腐れ」な清原選手とかがいた時代だったら大変だったんでしょうね、もっと。

巨人・坂本 1億円増!球団トップ3億5000万円「いい給料」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

そう考えると、圧縮分=坂本の年俸って考えるとすごいな、これは(爆)

名実ともにチームの顔だ。巨人・坂本勇人内野手(27)が24日、東京・大手町の球団事務所で契約交渉に臨み、年俸2億5000万円から1億円アップの3億5000万円でサインした。今季は打率・344でセ・リーグで初めてとなる遊撃手の首位打者に輝いた。阿部慎之助捕手(37)、内海哲也投手(34)らの年俸が大幅ダウンする中で、現時点でチームトップに浮上。来季は本塁打、打点を増やして3冠王も視野に入れる。

 風邪気味で鼻声だが、坂本は満足そうだった。「納得のいく、はい。いい給料をもらいました。1億円アップですね」。10年目を終えてチームトップの年俸3億5000万円。その一方で、満ち足りない口ぶりには「チームの顔」としての自覚が宿っていた。

 「個人的には自分でも納得のいく数字が残せた。ただ、10ゲーム差以上も開いて優勝を逃しているので、力の差を感じた。今年はいい成績を残せたけれど、来年もう一回勝負だという気持ち」。

 キャリアハイの打率・344で初の首位打者を獲得。セ・リーグでは史上初の遊撃手の首位打者となり、最高出塁率・433もマークした。12年に最多安打を獲得したが主要打撃タイトルは初戴冠。「下半身を使って1年間、野球ができたのかなと実感している。キャンプで松井さんが来てくださったり」。技術面では軸足の右足に体重を残す低重心で、左足の上げ幅を抑える「ゴジラ式」の打撃フォームが結果に結びついた。

 ただ、自身が主将を務めた2年間、リーグ優勝を逃したことは頭の片隅にくすぶっている。「まだまだ未熟。キャプテンとして何をしたらいいのか、どうしたらいいのかと今でも考えながらやっている」と来季V奪回への思いは募るばかりだ。

 やるべきことは見えている。「ホームランだったり、打点だったりはもう少しやれる。チームが勝つためにどうプレーしたらいいか考えながらやるのが、自分の成績が上がる近道なのかなと思う」。年下で侍ジャパンのチームメートでもあるヤクルト・山田やDeNA・筒香らから刺激を受け、トリプルスリーではなく打率、打点、本塁打の3冠が照準だ。

 3月にはWBCもあり、来季は侍ジャパンの中心、巨人の大黒柱としてより大きな期待を受ける。「高いお給料をもらうのでもっと頑張らないといけない。中心として引っ張っていかないといけない」。観測史上初めて東京都心で11月の積雪となったが、坂本の心には飛躍への炎が燃え上がった。 (春川 英樹)

 しかし坂本選手ぐらいの人気があれば、東京ドームとかで売ってるグッズ類の売上だけで3.5億円の数倍ぐらいは稼げそうな感じ…。まだ20代後半なのに、なんか現役時代の原辰徳氏よりも大活躍してる印象があるのがすごいね、この選手は。

だから僕は、笑顔になれる

だから僕は、笑顔になれる

 
ジャイアンツ坂本勇人カレンダー2017 ([カレンダー])

ジャイアンツ坂本勇人カレンダー2017 ([カレンダー])

 

▼クリック頂けると励みになります!