読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「常に初陣」

スポーツ・ニュースネタ(主に馬鹿ニュース中心w)や動画などの備忘録ブログです。ぼやき漫談風な記事が中心です(汗)

裁判所「そんな被害者の名前を騙って作ったような「減刑嘆願書」は信用も採用しねえぞ」と(爆)

時事 おもしろニュース

Alcatraz Prison Cell

<父から性的虐待>娘が減軽求め嘆願書 大阪地裁認めず (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

下級審では世間知らずのトンデモ系の裁判官がたまにいて辟易してる中、こういうまともな常識と思考回路を持った裁判官もいるんだな、と溜飲が下がる思いに(苦笑)

18歳未満の娘に長年にわたり性的虐待をしたとして、児童福祉法違反罪に問われた実父の男の判決公判で、娘が記したとして弁護側から提出された刑の減軽嘆願書を、大阪地裁が情状証拠として認めなかったことが分かった。嘆願書で娘は「被害感情はなく寛大な処分を求める」としていたが、荒金慎哉裁判官は「提出されること自体が不自然」と判断し、懲役4年(求刑懲役6年)を言い渡した。【宮嶋梓帆、村田拓也】

 ◇「提出自体が不自然」

 性暴力被害者からこうした嘆願書が提出されるのは極めて異例。

 29日に言い渡された判決などによると、40代の男は2008年、離婚していた妻と当時小学生だった娘と同居を再開。直後から性的虐待が始まった。娘は中絶手術も受けている。男は「しつけから始まった愛情表現で、性的欲求を満たすつもりはなかった」と釈明していた。しかし、判決は「身勝手で不合理な弁解だ。反省の態度はうかがえない」と退けた。

 弁護側は公判で「娘に被害感情はない」として、執行猶予判決を求めていた。母親と娘がそれぞれ署名した嘆願書2通を情状証拠として提出。文面はパソコンで作成されていた。嘆願書は母親と娘が話し合って作成したとみられる。

 これに対し、荒金裁判官は「健全な父子関係を構築できず、性道徳を持てないまま現在に至っているのは明らか。被害女児の健全な育成に与えた影響は甚大だ」と指摘。その上で、「特段の措置が講じられたわけではないのに、このような嘆願書が提出されること自体が不自然」とし、嘆願書による情状酌量を認めなかった。

 捜査関係者によると、娘は「違和感はあったが父親の怒りを買うのが怖くて言い出せなかった」と警察に供述。母親は「うすうす(虐待に)気付いていたが、聞かなかった」と話している。

 弁護人は嘆願書について、「被告と被害児童の双方の不利益にならないと考え、証拠を提出した。作成の経緯は守秘義務があり答えられない」と取材に話した。

 専門家によると、幼少期から性的虐待が続くと、被害をしっかり認識できないことが多いという。虐待だったと将来認識した時点で、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを発症することがあるとされている。

 事件は娘が知人に打ち明けたことで発覚し、警察が今夏に同法違反容疑で男を逮捕した。娘は児童相談所に一時保護されたが、現在は自宅に戻って母親らと暮らしている。

ま、そんなもんなんでしょうね。情状酌量とかついて執行猶予ついたらシャバでまた何するかわかんねーじゃん、こんな父親。「しつけ」と称して娘に妊娠中絶までさせるような事に及ぶようなヤツなんでしょう?ぶっちゃけ、懲役4年でも甘くね?

しかしこれどういう経緯で作った「減刑嘆願書」なんだろう…。弁護士のシナリオのもと弁護士と母親がグルになって無理やり書かせたか、本文をあらかじめ作っておいて娘さんに署名押印でもさせたのか。で、記事をよーく読んでみたら、「文面はパソコンで作成されていた」→あーお察し(爆)。

ま、「パソコンで作成」ってことは、たぶん弁護士とかが娘さんに成りすまして無理やり「作った」んだろうけどな。無論、娘さん本人に無理やり直筆で書かせたとしてもそれは論外なのは同じだけど。たぶん弁護士、労を惜しんだな(失笑)。

さてこの結果、「納得できてない」弁護士主導で第二ラウンド(=たぶん大阪高裁)まで持ち込まれるんだろうか、そして高裁ではこんな子供だましみたいな嘆願書を作るような弁護士に都合の良い、これを認めてくれる裁判官と巡り会えるんでしょうか…とりあえず大阪高裁もこんなちゃちな減刑嘆願書に騙されずにしっかり仕事しろよ、と。

弁護士の格差 (別冊宝島)

弁護士の格差 (別冊宝島)

 

▼クリック頂けると励みになります!