読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「常に初陣」

スポーツ・ニュースネタ(主に馬鹿ニュース中心w)や動画などの備忘録ブログです。ぼやき漫談風な記事が中心です(汗)

これがもし本当だったら、なんかいかにも「フジテレビらしい」手口だな、と。

時事

Edificio de Fuji TV

問題視されるASKAのタクシー車内映像がテレビ局に渡った経緯が東京交通新聞の最新号で明らかに | BuzzNews.JP

こないだの記事の続きになりますが…。

nyoin.hateblo.jp

nyoin.hateblo.jp

これについての話が業界紙に出てたんだそうですね。

ASKA容疑者が逮捕直前に自宅へ戻る際、利用していたタクシーの車内映像がテレビで放送され問題になっている件で、映像がテレビ局に渡った経緯を東京交通新聞が報じています。

これは東京交通新聞が12月12日号で伝えているもので、映像を入手したのがフジテレビによる執拗な要求の末であったことが明らかにされています。
同紙によると11月28日の18:30頃ASKA容疑者を自宅まで乗せたタクシーはその直後とも言っていい19時にフジテレビから車両の配車予約が入り、その後9時間半に渡ってフジテレビは取材や社員の送迎に利用を続けたそうです。

そして翌日の早朝、タクシー会社の責任者に映像提供を求め拒まれるとフジテレビは「(ASKA容疑者は)執行猶予の身であり、社会的に必要な情報は配信しなければならない。責任は負う」と説明。

それでも難色を示したタクシー会社でしたが、「拒否すれば乗務員にさらに負荷が生じることを考慮し」結局映像の提供に応じたようです。

記事からはフジテレビ側が運転手を囲い込んでタクシー会社を断りづらい状態にした上で映像を入手していた実態が窺われ、フジテレビの取材手法の是非が議論になりそうです。

正直、これだけでは真偽はさだかではない…のだが、

なんかフジテレビがやりそうな手口(失笑)

と思ったのは私だけではあるまい。

しかも「責任は負う」とか言って全く責任を負ってるとは思えないし。どうせいつもの軽く詐欺師みたいな口約束で「動画が手に入っちゃえばこっちのもんだ」的なノリだったんでしょう?

しかしやり方がひどい。報酬の代わりに配車予約をバンバン入れて「稼がせてやるから映像をよこせ」みたいな方法だしな、この記事が本当だとしたら。

たぶんこれは(もし本当だったら)5000%ぐらいの確率でフジテレビは知らぬ存ぜぬで逃げ切るパターンなんだろうな。ぜひタクシー業界は弁護士立てて最高裁まで戦え、と申し上げたい次第。

ONE

ONE

  • アーティスト: ASKA,飛鳥涼,ロビン・スミス,ポール・スティーブリー・オデュッフィー,クリス・ポーター,ポール・ウィケンズ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1997/03/12
  • メディア: CD
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

▼クリック頂けると励みになります!